Tel : 042-778-2321

「意味のない命 ない」 伊勢監督の映画完成 相模原殺傷事件に憤り – 東京新聞

Home  >>  ニュースfrom相模原  >>  「意味のない命 ない」 伊勢監督の映画完成 相模原殺傷事件に憤り – 東京新聞

「意味のない命 ない」 伊勢監督の映画完成 相模原殺傷事件に憤り – 東京新聞


東京新聞

「意味のない命 ない」 伊勢監督の映画完成 相模原殺傷事件に憤り
東京新聞
相模原殺傷事件があったのは、千時間を超える映像を整理し始めた頃。殺人罪などに問われている植松聖被告(27)が「障害者なんていらない」と供述したと報じられると、ネットでは一部で賛同の声が上がった。「社会には弱い立場の存在を排除する意識がある」と憤りを感じた。