Tel : 042-778-2321

相模原殺傷から1年、植松被告からの手紙に落合陽一氏「障害という言葉はテクノロジーでなくすことができる」 – AbemaTIMES

Home  >>  ニュースfrom相模原  >>  相模原殺傷から1年、植松被告からの手紙に落合陽一氏「障害という言葉はテクノロジーでなくすことができる」 – AbemaTIMES

相模原殺傷から1年、植松被告からの手紙に落合陽一氏「障害という言葉はテクノロジーでなくすことができる」 – AbemaTIMES


AbemaTIMES

相模原殺傷から1年、植松被告からの手紙に落合陽一氏「障害という言葉はテクノロジーでなくすことができる」
AbemaTIMES
神奈川県・相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で、入所者ら46人が殺傷された事件から1年を迎えた。そんななか、殺人罪で起訴された元職員の植松聖(さとし)被告から、Abemaニュース宛てに手紙が寄せられた。 手紙を受け取ったのは、事件発生当時から取材し、 …