Tel : 042-778-2321

相模原障害者殺傷1年 識者の思い 生きていてよい、それが人権なんだ – 東京新聞

Home  >>  ニュースfrom相模原  >>  相模原障害者殺傷1年 識者の思い 生きていてよい、それが人権なんだ – 東京新聞

相模原障害者殺傷1年 識者の思い 生きていてよい、それが人権なんだ – 東京新聞


東京新聞

相模原障害者殺傷1年 識者の思い 生きていてよい、それが人権なんだ
東京新聞
相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者十九人が刺殺された事件で、殺人罪などで起訴された植松聖(さとし)被告(27)から三通の手紙が本紙に届いた。「意思疎通がとれない人間を安楽死させるべきだ」と、差別的な考えに変化はない。自らも障害があり、 …
植松被告、謝罪なく自己正当化 障害者殺傷事件中日新聞

all 4 news articles »