Tel : 042-778-2321

「差別思想の背景を探ることが必要」 脳性麻痺の滋賀県立大教員が主張 – 産経ニュース

Home  >>  ニュースfrom相模原  >>  「差別思想の背景を探ることが必要」 脳性麻痺の滋賀県立大教員が主張 – 産経ニュース

「差別思想の背景を探ることが必要」 脳性麻痺の滋賀県立大教員が主張 – 産経ニュース

「差別思想の背景を探ることが必要」 脳性麻痺の滋賀県立大教員が主張
産経ニュース
相模原殺傷事件で、殺人罪などで植松聖(さとし)被告(27)が横浜地検に起訴されたことを受け、脳性麻痺(まひ)で身体が不自由な滋賀県立大学の非常勤講師、頼尊恒信(よりたか・つねのぶ)さん(37)=社会福祉学=は「犯行動機とされる差別思想はなぜ生まれたのか。