Tel : 042-778-2321

相模原殺傷事件どう見る 医療と司法の連携必要 堀川公平院長 優生思想の背景直視を 小賀久教授 – 西日本新聞

Home  >>  ニュースfrom相模原  >>  相模原殺傷事件どう見る 医療と司法の連携必要 堀川公平院長 優生思想の背景直視を 小賀久教授 – 西日本新聞

相模原殺傷事件どう見る 医療と司法の連携必要 堀川公平院長 優生思想の背景直視を 小賀久教授 – 西日本新聞

相模原殺傷事件どう見る 医療と司法の連携必要 堀川公平院長 優生思想の背景直視を 小賀久教授
西日本新聞
相模原市の障害者施設殺傷事件で逮捕された男は「措置入院」の5カ月後、犯行に及んだとされる。事件を検証している厚生労働省の有識者チームは、措置入院した全患者を対象に退院後の支援の在り方を検討しているが、一方で男は動機について「障害者は生きていても …